校友会支部 04.群馬

校友会トップ > 校友会支部 > 04.群馬

平成29年度 群馬県支部総会

地区:04.群馬|更新日:2017年04月26日

日時 平成29年6月4日(日)14:00-19:30
場所 伊香保温泉 ホテル天坊

http://www.tenbo.com/

受付 13:00-14:00

総会 14:00-15:10

講演会 15:40-17:10 「おんな城主 井伊直虎」 名城大学監査室 佐藤 修 氏

懇親会 17:40-19:30

平成28年度 群馬県支部総会

地区:04.群馬|更新日:2016年05月02日

日時 平成28年6月12日(日)14:00-20:00
場所 伊香保温泉 ホテル天坊

受付 13:30-

総会・講演会(内容未定) 14:00-16:40

懇親会(17:30-)

H27年度 群馬県支部総会

地区:04.群馬|更新日:2015年05月12日

日時 平成27年6月7日(日)14:00-19:15
場所 ホテル天坊
詳細 講演会 (15:15~16:45)
武田直仁 薬学部准教授
「くすりを適正に使用するために」

平成26年度 群馬県支部総会

地区:04.群馬|更新日:2015年04月15日

日時 平成26年6月8日(日) 14:00-19:30
場所 渋川市 伊香保温泉 ホテル天坊

平成26年度 群馬県支部総会

日時

平成2668()

場所

伊香保温泉 ホテル 天坊

詳細

講演 宮崎教授による「世界遺産と産業遺産」

 群馬県支部では、本年も「日本の名湯」で名高い伊香保温泉にて、近県支部及び来賓の皆様をお迎えし、総会を開催しています。平成26年度支部総会は68()にホテル 天坊にて盛大に開催されました。校友会本部より堀川浩良会長。名城大学より宮崎信二経営学部長、近県支部(長野、神奈川、関東、新潟、静岡)より5名の方々をお迎えし、華やかな会になりました。

 二部は、群馬県支部特別講演として、大学よりお越し頂いた、宮崎経営学部長による  「世界遺産と産業遺産」についての講演に移りました。2014621日「富岡製糸場と絹産業遺産群」世界遺産登録(祝!)されました。日本産業革命の原点、非常に勉強になりました。

 懇親会では、群馬の銘酒「赤城山」を飲みながら話題は広がりました。
平成27年度総会は、67()同じく伊香保温泉 ホテル 天坊で開催いたします。群馬県支部10周年記念総会になります。群馬県支部の前進を期待して多くの参加者をお待ちしております。

報告:群馬県支部長 菊地政一 (理・電 S40年卒)

平成25年度 群馬県支部総会

地区:04.群馬|更新日:2013年06月09日

日時 平成25年6月9日(日) 14:00-19:00
場所 渋川市 伊香保温泉ホテル天坊

平成25年度群馬県支部総会(第9回)

 

 平成25年度群馬県支部総会(第9回)は、6月9日(日)渋川市伊香町『ホテル天坊』にて開催されました。

 特筆すべき活動としては、この4月に大河ドラマ「八重の桜」のゆかりの地である安中を散策し、新島襄が帰国後はじめて設立した安中教会や、その信徒で同志社や国際基督教大学の設立にあたり資金を提供した豪商の有田屋などの見学を行いました。会員家族を含めて14名の参加でした。


  講演会では、「農耕が昆虫を害虫に変えた」と題して農学部 山岸健三教授より講演をしていただきました。
里山の環境が日本の生物の多様性を支えていたことが理解できました。非常に軽妙な表現の説明をしていただき、最後まで飽きることがありませんでした。講義終了後は時間いっぱい質問が寄せられました。

 懇親会では、総会参加者のほとんどの参加をいただき、楽しい懇親会を行うことができました。今年農学部で開発された日本酒「華名城」を少しずつではありますが、参加者に飲んでいただきました。

平成24年度 群馬県支部総会

地区:04.群馬|更新日:2012年04月27日

日時 平成24年6月10日(日) 14:00-17:30
場所 渋川市 ホテル天坊
詳細 [講演会]15:15-17:15
講師:渉外部課長  佐藤 修
演題:「戦国武将徳川家康に学ぶ」

群馬県支部総会 (平成23年6月12日)

地区:04.群馬|更新日:2011年05月06日

日時 平成23年6月12日(日) 14:00-
場所 渋川市 伊香保温泉 ホテル天坊

平成23年度群馬県支部総会(第7回)

平成23年度名城大学校友会群馬県支部総会(第7回)が、平成23年6月12日(日)渋川市 伊香保温泉「ホテル天坊」にて開催されました。来賓には、名城大学から情報センター長で附属図書館長である高橋友一氏、校友会から、伊庭克英副会長をはじめ、近県支部9名総勢20名の参加となりました。

第1部の総会では、神保聡志氏の司会により始まり、藤井宏典氏の開会の辞、学歌斉唱、菊地政一支部長より挨拶となりました。続いて、校友会 伊庭副会長から最近の活動状況報告、名城大学から高橋情報センター長より、現在の名城大学の近況状況について詳しい説明がありました。その後、平成22年度事業報告と決算報告、監査報告の説明があり、平成23年度事業計画案、予算案が提案され、全員賛成で承認となりました。

第2部の特別講演では、校友会 伊庭克英副会長が「食品と医薬品」と題して講演をしていただきました。

第3部の懇親会では、村岡幾二郎氏の司会により始まり、来賓(関東支部 木村悦雄氏、神奈川県支部 吉田幸一氏、山梨県支部 掘込秀作氏、長野県支部 市川洋一氏、新潟県支部 高杉弥寿彦氏、静岡県支部 松下芳彦氏、西澤豊氏、村松雅之氏、伊藤芳朗氏)による挨拶の後、和やかな歓談となりました。最後は、神保聡志氏によりる名城節斉唱で、閉会となりました。

群馬県支部総会 (平成22年6月20日)

地区:04.群馬|更新日:2010年06月16日

日時 平成22年6月20日(日) 14:00-20:00
場所 渋川市 伊香保温泉 ホテル天坊
詳細 [講演会]
講師:農学部講師 横内茂
演題:「ヴェトナム産のツバキ知見」

群馬県支部第6回総会報告

群馬県支部では毎年「日本の名湯」で名高い伊香保温泉にて、近県支部の皆様をお迎えし、総会を開催しています。
伊香保温泉は、「長寿と健康」に効くと言われ、古くは万葉集や古今集に詠まれ、竹久夢二、徳富蘆花をはじめとする文化人に愛された温泉でもあり温泉情緒あふれる「石段の湯の町」はドラマの舞台としてTVに放映される事も多いところです。

平成22年度名城大学校友会群馬県支部総会は伊香保温泉ホテル「天坊」にて校友会本部より伊庭副会長、名城大学より伊藤人間学部長、横内農学部教授、近県支部より12名の方々をお迎えし、総参加者24名にて華やかな会となりました。

今回は群馬県支部特別講演会として、大学よりお越し頂いた、横内農学部教授による「ツバキ科ツバキ属の植物」についての講演会に移りました。

懇親会では、食事やお酒をのみながら、なつかしい大学の昔話や、皆様の近況について、話題は豊かに広がりました。
来年度も、「日本の名湯伊香保温泉」群馬支部総会での再会を約束し、総会は今年度も盛会の内に閉幕しました。