校友会支部

校友会トップ > 校友会支部

名城大学は多岐に渡る学部存在する総合大学で、全国から学生が集まってきています。そんな学生も地元に戻った際にも、学部の枠にとらわれず名城大学を懐かしむことができるよう、全国にいる会員を地域単位で区切って支部が設置されています。

地図から選択

日本地図 沖縄 宮崎 高知 熊本 鹿児島 大分 岡山 島根 徳島 佐賀 山口 香川 長崎 鳥取 京都 広島 兵庫 愛媛 和歌山 福井 大阪 新潟 滋賀 愛知 岐阜 三重 静岡 関東 長野 神奈川 富山 群馬 石川 東北 山梨 北海道 福岡 台湾

最新記事

2019年 富士山女子駅伝報告

地区:13.静岡|更新日:2020年01月20日

2019年 富士山女子駅伝報告

 29日㈰午後2時。支部長を始め5名は、明日のレース後の懇親会場である「ホテルグランド富士」に必要備品を

運び込んでいた。そして、第3中継所の前でもある、ホテルの入り口に「名城大学」の幟旗を掲げたのである。

その後、10分程先にある、富士文化会館(ロゼシアター)へ向かい、開会式に臨んだ。

  全日本大学女子駅伝で優勝した名城大学の塩崎主将は、全24チームを代表して『私達がこの1年仲間と共に

作り上げて来た"ONE TEAM"  一人一人の想いを襷に込め、この富士山の麓を全力で走り抜くことを誓います』と

力強く宣誓した。

 30㈪午前9時。自宅を出る時、パラパラと雨が落ちて来た。途中、ホテルと新富士駅へ寄り他支部からの応援者を

乗せて4区の応援場所へ向かった。ここで、4区を走る山本選手のお父様と合流した。今朝早く豊田市から車2台で

駆けつけたのであった。既に雨になっていた。 手短に自己紹介と本日のメンバーを伝え、ジャンパー、幟旗、手旗を

持って応援場所へ歩き出した。 この時、名城大学の襷は3区の井上選手に3位で引き継がれていた。

 応援場所は、富士川の河川敷沿いで、海に近い事から冷たい雨と共に風にも吹きさらされた。東北支部長は「仙台

よりも寒い」とつぶやいていた。 手旗を配っていると、5~6才位のお子様連れの親子が沿道にやって来た。

その子に手旗を渡そうとした時、なんとその子の右手には、昨年配布した「名城大学」の手旗が握られていたのである。

「僕、1年間持っていてくれたんだ。ありがとうね。新しいのが有るから。」と言って、今年の手旗を渡した。

 やがて、トップに立った立命館大学が通過して行った。 続いて全日本大学選抜、そして山本選手が見えて来た。

1位、2位とも差が無い。 5区で充分トップに立てる位置だ。「有真!頑張れ!」「有真!ラストだ!」の声援がとぶ。

「立命館大学を詰めて来た」の声に、一同「よし!」と叫び、足早に駐車場に戻った。山本選手のお父様達は、ゴール

地点へ向かうので、ここで別れて我々は6区へ向かった。山本選手は、仙台に続いて区間賞を区間新記録で獲得した。

 その1年生の快走に、エース加世田選手は、直ぐに反応した。2位の選手をかわし1位の立命館大学に追いつく場面が

車中のTVに映し出された。丁度5区名城大学大応援団の前である。そして、ここで初めてトップにたち、その後も着実に

後続チームに差を付けて6区の小林選手に繋いだ。

 6区の応援場所に到着して、幟旗を杭に縛り付け、手旗も配布して準備を整えた。やがて、小林選手が快調な走りで

やって来た。次に待つ、足を痛めて万全な状態では無いアンカーの和田選手の為に、少しでも貯金を作りたい必死さが

伝わってくる。そして、宿敵大東文化大学には1分半以上の差をつけていた。 「ここまで順調に来ているかな」と

思いつつ、手早く後片付けをし、交通規制解除を待ってゴールの陸上競技場へ向かった。

 既に、襷は和田選手に引き継がれていた。 ゴールまで無事にたどり着けるのか心配であった。 それでも、最初の

平坦コースは、何事も無かったかの様に快走している。 そのアンカーコースを車で走っているのだが、徐々に上り坂の

勾配がきつくなり雨脚も強くなってきた。 TVの画面では、懸命に坂道を上る和田選手が映し出されていた。

そして、最後の競技場へ向かう交差点を右折する姿を見て「ここまで来た。もう少しだ。」 和田選手も一段と厳しく

なった最後の直線の坂道を登って行く、その渾身の力が画面からも伝わってきた。

 そして競技場のトラックを周回する姿を見て勝利を確信し、ゴールテープを切った瞬間、車内では「バンザーイ」と叫び

拍手が起きた。

 昨年の悲願の初優勝は、本当に待ちに待った優勝であり、嬉しく、感極まったが、今年の優勝は、前年のそして

全日本の覇者としての面目躍如と万全でない状況下でのゴールに安堵した。

それだけ、勝ち続ける事の難しさを、知らず知らずの内に我々応援者も感じていたのであろう。

 『悪天候の時にも、いつもと変わらない力を発揮できるのが本当の強いチームだ。それがお前らにはできる!』

そう言って、監督に送り出された選手とサポート部員の絆が、1本の襷に染み込んでの勝利であった。

そして、その襷には雨の中、沿道から送り続けた100名の声援も染み込んでいるに違いないだろう。

 2020年、その襷は、最終学年を向える加世田主将の『集大成に挑む LASTRUN』に受け継がれて行くのである。

 選手の皆さん、チームの皆さん 本当にお疲れ様でした。そしておめでとうございます。

最後に、応援に関わって戴きました全ての皆様に感謝し、御礼を申し上げます。ありがとうございました。

 校友会静岡県支部 副支部長

富士山女子駅伝応援企画実行委員長 山田 光一

駅伝hp002.png駅伝HP写真.png 

2019年度 三重県支部総会

地区:14.三重|更新日:2019年12月16日

日時 令和2年3月7日(土)13:30-17:30
場所 四日市都ホテル

https://www.miyakohotels.ne.jp/yokkaichi/

受付 12:30-13:30

総会 13:30-14:20

講演会 14:30-15:20

懇親会 15:30-17:30

2019年度 長崎県支部総会(50周年記念)

地区:31.長崎|更新日:2019年12月05日

日時 令和2年1月25日(土)15:00-19:00
場所 ホテルセントヒル長崎

https://www.saint-hill.jp/

受付 14:30-15:00

総会 15:00-16:00

講演会 16:00-17:00

懇親会17:00-19:00

2019年度 静岡県支部総会兼賀詞交歓会

地区:13.静岡|更新日:2019年12月02日

日時 令和2年1月24日(金)19:00-19:30
場所 ザザシティ浜松 中央館2階 神戸クックワールドビュッフェ浜松

http://www.zazacity.jp/access/accessmap

受付 18:30-19:00

総会 19:00-19:30

懇親会 19:30-21:10

*10月12日(土)に総会を開催予定でしたが、台風19号の影響で延期のため。

2019年度 関東支部総会

地区:03.関東|更新日:2019年11月29日

日時 令和2年2月22日(土)
場所 東京四ッ谷主婦会館プラザエフ

http://plaza-f.or.jp/index2/

受付 10:00-11:00

総会 11:00-11:45

講演会 12:10-13:30

懇親会 13:45-15:45